エキスパ「メルマガ」

なぜ!?メルマガなのか!?

リストホルダー「顧客名簿」

1メールアドレス

2LINE@

 

1000人いようが、1、2クリックでは意味がない。

数ではなくクリックが必要。

 

1プラットフォーム問題

(ユーチューブだけ、seoだけ、ppc、転売)

リストがあればこちらからでもアプローチができる。

2なんでもやりたい放題

エクサスケール

これから問題が解決していき趣味の世界になっていく。

楽しいことを生きがいに生きていく。

読まれるメルマガ、

読まれるメルマガ、

凄い!「面白い、感動、役に立つ、が読まれるメルマガの条件

愛が必要。情報発信全て必要。ではないと人がいなくなって生きます。

愛がないと人がいなくなって生きます。

例、お店、愛がないお店が伝わる。

 

情報発信も愛がないとダメ。

商品が大好き、接客が好き、お店という箱が大好き、そういうのが伝わって行きます。そういうのが広まっていきます。

 

 

ペルソナ、仮装のお客様を想像。

確立した状態で配信していきます。

喜んでもらえるような情報を配信すること、相手が好きな者の情報を配信すること。

 

メルマガの手順

1集客

2運用(ステップメール、ブランディングシナリオ)

ブランディングシナリオ「半年間週一で配信する」※役に立つ

ライブメルマガを配信

3売り上げ

4再投資

1〜4を巡回させる。メルマガは自動化ができる。

ファンを作ること、増やすこと、

 

主客の三枝の神器

1無料オファー(プレゼント)

プレゼントとは!?動画配信、講習会、セミナー、練習メニューファイル、

2LP

3広告

 

手順1、【機能的価値】 ※調べる「方法論」

入りやすい、しかしライバルが多い

○役に立つこと配信!!

 

 

手順2、【情読的価値】 ※調べる「人間的な価値」

この人が好き、物語、

○この人が好きになるようなストーリー

 

『メルマガの公式』6つの公式

1集める(人数の割合10分の10)

 

ノウハウ

2届ける(人数の割合10分の8)

ノウハウ

 

3開いてもらう(人数の割合10分の6)

ノウハウ

 

4読んでもらう(人数の割合10分の4)

ノウハウ

 

5クリックしてもらう。(人数の割合10分の2)

ノウハウ

 

6行動してもらう(人数の割合10分の1)

ノウハウ

 

『メール配信システム』※1の配信

 

1ドメイン、

 

2送信者アドレス、

 

3迷惑メールクリック、

 

4メールをすぐに送る「登録されたらすぐに送る」

 

5解除方法を解説する「最初の方」

 

6エラーメール「送信した相手のアドレスがいない」

 

7配信頻度「1日、2回が限界・1日一回がベスト」

 

 

8ポジティブ判定、メガティブ判定

ポジティブ判定※判定基準はクリック率とメール滞在率

メガティブ判定※ギャンブル系、アダルト系

エキスパの中でも判定基準があります。

1日1通がベスト

ドメインの比率、GmailやYahooやdocomo

 

クリックしてもらう心理

知的好奇心

感情が動かされること

 

文章のタイプを分ける。

小説型、

文を入れてから完結を入れる。

 

ノウハウ型

結論型を最初に入れる説明してから説明すること

オススメ ※岡田尚也 ※黒髪の女

 

クリックする理由を作る。

理由がないとクリックしてもらえない。

 

集めるがハードルが高い!

メールアドレスを集める。

媒体を作る。ユーチューブ、ワードプレス、サイト、ブログ、メディア、フェイスBook

を育てる。

 

広告を使う『号外、SNS、バナー』

フェイスブック・インスタ(ビッグデータ・実名、どこにいるか、)

※リード広告

ターゲティング、

オーディエンス、

 

タイトル『初心者〜女性でも簡単にシーバス釣れる方法を紹介します!1度も釣りをしたことがなくても大丈夫!!』

私は1度も、釣りなんてしたことがないけど〜本当に大丈夫!?

 

大丈夫です!初心者、女性にも簡単にシーバス釣ることができる方法を簡単に解説をします。

 

【シーバスとはどんな魚!?】

シーバスとスズキは、同じ魚です!!

ルアーフィッシングでお馴染みのブラックバスに、スズキの釣り方・習性が似ていることから、海のバス=シーバス(seabass)と呼ばれるようになりました。

生息地は海から川の河口で多く生息しています。

シーバスの種類

「マルスズキ」「ヒラスズキ」「大陸スズキ」

「生息地の違い」

『マルスズキ』は適応水温が広く、日本全国の河川、磯、サーフ、湾内など幅広いエリアに生息している。

 

『ヒラスズキ』は『マルスズキ』に比べて暖海性で、塩分濃度の高い磯に多く生息している。

「ヒラスズキ」海水魚。

全長80センチメートルに達し、一見スズキに似ているが、マルスズキよりも体高が高く、背びれの軟条も多く、下顎(かがく)の腹面に一列の鱗(うろこ)があるなどの特徴です

また、マルスズキの幼魚は川に上るが、ヒラスズキは上らない。

 

マルスズキは日本全国の沿岸部に生息しています。

ヒラスズキはマルスズキに比べやや暖かい海域を好み、生息の北限は日本海側で石川県、太平洋側で福島と言われています。